先だっては、古いロレックスの話を書きました。

で、これも。

アフターダイヤというシロもんもございます。

バブルのときに良く流行りました。

普通の時計に、加工して小粒ダイヤを埋めちゃうやつ。

これもあきません。

保障対象外で、修理ができなくなっちゃいます。

オリジナルに戻すには、結構な手間がかかります。

ま、本物だったら、かなりの価格差がありますんで、やりたくなっちゃう。

昔はアフターサービスとかの認識がなかったので、沢山出回りました。

あと、リダンモデルというのもあります。

リダンとは、redone(やり直し)という意味でございまして、古い時計の文字盤を筆で白く塗ったり、ま、再塗装したりすることでございます。

たちが悪いのは、「赤サブ」とかも、塗装で作る贋物もありますが、判別はつきます。

文字盤をこんなのをはめ込んだり。

カラー版のオメガもありますね。

こういうのは、可愛いし、割り切って使うにはいいかなとは思いますが、、、

ま、純正で行きましょう。

折角の高級品、資産価値を落としたら、しょうがないですからね。

お買取のことなら、なんでもセカンドマックスへ、お問い合わせください。
全国送料無料の宅配買取もやっています。
いいものあったら、どうぞ、お気軽に。

TEL 0120-57-1903

よろしくお願いします。